英語の低年齢化に意味があるのか・・・?

  2020年に小学生英語が教科となり、小学3年生から英語学習がスタートすると言われています。ますます英語学習の低年齢化が進んできています。

 しかし、英語を早くスタートすることに疑問を感じている方もいらっしゃると思います。母国語の習得が完成しないうちに、第二言語の学習をスタートさせると、母国語の定着が不安定になるのではないか・・・などという声もききます。

 実は、私自身も学校での英語の取り扱われ方に違和感を感じています。国語の時間を減らし、英語の授業を増やすことには賛成はできません。母国語は日本語であることには変わりなく、ものごとを考えて伝えるときには必ず日本語を中心にするからです。子供たちの国語力が下がり、自分の想いを言葉でまとめて伝えることができなくなるのではないかと心配しています。

 では家庭ではどうでしょうか。個人的には、早くから英語に触れることはとてもいいことだと思います。普段から二か国語が飛び交うような家庭ですと、言語が混乱する可能性はありますが、習い事で英語を習ったり、家でDVDなどを見たりして英語に触れる程度では、母国語に影響があるとは思いません。子どもが興味をもって、楽しく英語に触れているということが一番大切ではないでしょうか。2・3歳児は、英語の音やリズムをそのまま吸収でき、そのままのきれいな発音でまねをすることができます。「聞くだけで話せるようになる」とうたい文句を掲げている英語教材もあるぐらいですので、聞く力が話す力の条件であることは間違いありません。目に見える結果を求めるのではなく、英語に慣れさせてあげて、好きにさせてあげることが、英語の芽を育てるために一番大切なことなのではないかと思います。

 当塾では、小学3年生からの英語教室をしています。小さいうちからハードルを高くし、苦手意識をもつ英語教育では意味がないと思っています。「英語が楽しい・好きである」という気持ちがあれば、将来いつからでも英語を伸ばすことができますし、実際に英語を活かした仕事をしたいと考える人が子どもが多くいます。私の経験上、英語を早く始めた生徒ほど、人より長く英語をやっているという自信があるためか、「英語が好きで得意教科である」という生徒が多いですし、得点の面でも、学校平均より20以上高い生徒がほとんどです。